HOME>注目記事>業者に依頼するときのアドバイスと仕組みを知ろう

解体工事を行ってくれる

漁船

船に乗っている人には様々な人がいますが、漁師や趣味でボートを持っている人などもいるでしょう。船は自動車などと同じように、新しいものを購入してから何年も利用していくと、次第に劣化してきます。やがては故障し新しいものを購入したほうがよいと考える時もあるでしょう。このような場合には、船の解体を業者にお願いする必要があります。自分で行うことでお金はかかりませんが、危険性や時間などを考えるとお金を払ってでも業者に任せた方が明らかにより結果が出るわけです。船を解体する場合ですが、業者に依頼してから一通り見積もりを出してもらい、どれぐらいのお金がかかるかを見ていきます。解体費用はかかるものの、わずか三日程度で終了し廃船になるのが基本です。

少しでもお金のかからないところを見つける

観光船

廃船業者は日本中にたくさんありますが、業者によってその料金は随分と変わってきます。6ケタの金額を請求してくるところもあれば、ほとんどお金がかからないところもあります。お金があまりかからないところの理由は、再利用することができるパーツを知っているからです。もちろん船自体が古すぎて再利用のしようがない場合にはそれなりの解体費用がかかるでしょう。しかしながら、そこまで船が古くない場合やまだ使える部品がたくさんある場合には、パーツを選別しているものといらないものに分けていきます。結果的に、いらないものを捨てているものだけを再利用することになるため業者の負担が少なくなるわけです。

海から近いかどうか

漁船

廃船にする場合には、可能な限り安い業者を選びたいですが、実は業者の所在地によっても料金が変わることがあります。例えば、海の近くにあるかそれとも陸の方にあるかによって料金が変わってくるでしょう。なぜかといえば、船を陸に揚げる手間がかかるかどうかで料金の違いが発生するからです。内陸部に業者がある場合には、大きなトラックなどで船を運ばなければいけません。ですが湾岸にそったところにある場合には、わざわざそのようなことをせず解体をすることが可能になります。

広告募集中